本文へスキップ

旅行業務取扱管理者 資格取得の方法と仕事・業界情報

旅行業務取扱管理者 資格取得

旅行業界の未来/旅行業務取扱管理者資格取得ガイド 資格取得と仕事

旅行業界の未来

日本において観光は「遊び」のイメージが強く、主要産業として認識されることはなかったが、近年、観光の持つ経済効果の大きさ、地域経済活性化効果への注目が高まっている。

2003年の小泉政権下の「観光立国宣言」以降、ビジット・ジャパン・キャンペーン(以下VJC)等、様々な施策が打たれ、順調に訪日旅行者数を伸ばしてきたが、2008年10月には観光立国の推進体制強化を目指して「観光庁」が発足している。

2009年10月、前原国土交通相は「訪日外国人を2020年に2000万人にする」という観光庁の目標を、4年前倒しの2016年にする方針を示した。

2008年の訪日外国人数は835万人であり、かなり野心的な計画と言えるが、目標達成のため、観光庁の2010年度予算概算要求を2009年度当初比4倍の250億円程度に増額するなど、観光を成長分野に位置づける姿勢を明確にしている。





まずは、無料資料請求

ユーキャンの旅行管理者(総合・国内)講座
 旅行業務取扱管理者 講座  

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円
総合:一括49,000円、国内:一括41,000円、総合・科目免除コース:41,000円 ご自宅はもちろん、職場の昼休みでも、通勤電車でもOK!