本文へスキップ

旅行業務取扱管理者 資格取得の方法と仕事・業界情報

旅行業務取扱管理者 資格取得

若者の旅行離れ/旅行業務取扱管理者資格取得ガイド 資格取得と仕事

若者の旅行離れ

旅行市場を年代別に見た場合、活気がないのが20代の若年層である。

かつて海外旅行の主役は20代女性だったが、現在、海外旅行市場では40歳以上の中高年が多数を占めている。

海外旅行者の性別・年齢別内訳を見ると、20代女性が95年の38.9%から2008年の23.2%に減少したのに対して、40歳以上男女は同期間に45.8%から54.6%に増加した。

若年層の海外旅行離れの背景には、20代人口の減少がある。

2008年の20代人口は、1995年に比べて約400万人も減っているが、理由はそれだけではない。

今の20代は忙しい。

バブル期から1990年代半ばにかけての20代女性は、収入はそれほど高くなかったものの、休みをとりやすい比較的楽な仕事をしている人が多かった。

それに比べ、今の20代は正社員になるのも一苦労であり、労働時間も増加傾向にある。

サービス業についている人も少なくないので、友人同士で休暇を合わせるのもままならず、なかなか旅行に踏み切れないという事情もある。

収入面でも格差が広がっている。

海外旅行に出かけているのは主に高収入の人である。

非正規雇用の拡大、終身雇用の崩壊もあり、若年層でも旅行より貯蓄という傾向が見られる。

興味の対象も分散している。

風景はテレビで見れば十分、お金はゲームなど趣味の世界に使いたいという人も多い。

他人に気を遣う世代でもあるので、友人同士といえども、旅行でかえって緊張するということもありうる。

こうした諸々の理由で、旅行離れが進展しているのである。





まずは、無料資料請求

ユーキャンの旅行管理者(総合・国内)講座
 旅行業務取扱管理者 講座  

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円
総合:一括49,000円、国内:一括41,000円、総合・科目免除コース:41,000円 ご自宅はもちろん、職場の昼休みでも、通勤電車でもOK!