本文へスキップ

旅行業務取扱管理者 資格取得の方法と仕事・業界情報

旅行業務取扱管理者 資格取得

旅行業界の現状/旅行業務取扱管理者資格取得ガイド 資格取得と仕事

旅行業界の現状

2008年9月の金融危機以降、旅行需要は景気低迷を背景とした旅行・出張の手控えに新型インフルエンザ流行が追い打ちをかけ、不振が続いている。

旅行、観光は日本では「遊び」のイメージが強く、軽視されがちだが、旅行消費額は2008年度で23.6兆円と意外に大きく、運輸業・宿泊業など他産業への生産波及効果も大きい。

2008年10月には観光庁が発足、ビジット・ジャパン・キャンペーンの展開、規制緩和等で訪日外国人旅行者数増加を目指している。

旅行は、不要不急の娯楽とみなされることが多い。


旅行会社の収入源は、乗車券類やパッケージ商品の代理販売による販売手数料、パッケージツアーを企画販売したときの取扱料金、傷害保険などの販売手数料などである。

旅行業界の総取扱額推移3はイラク戦争、SARS騒動で海外旅行が大打撃を受けた2003年を底に持ち直していたものの、金融危機以降の需要減少で、2008年の総取扱額は7兆9980億円と、ピーク時の1996年の9兆9,200億円に比べ約2割のマイナスとなっている





まずは、無料資料請求

ユーキャンの旅行管理者(総合・国内)講座
 旅行業務取扱管理者 講座  

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,800円
総合:一括49,000円、国内:一括41,000円、総合・科目免除コース:41,000円 ご自宅はもちろん、職場の昼休みでも、通勤電車でもOK!